自己能力開発と才能の活かし方

自分の才能を目覚めさせて、活用することができるように、今までの弱点にこだわった考え方を改め、強みを磨いていきましょう。

ストレングス・ファインダーの34の強み

アレンジ Arranger

アレンジ Arranger

アレンジが強みとなっている人は、単純なことから複雑なことまで、いつも最善の構成ができる人です。

種類の異なる複数の事柄に、即座に優先順位をつけて整理できるのです。

そしてそれが変化に富んでいればいるほどその力を発揮することができるでしょう。 (さらに…)

運命思考 Connectedness

運命思考 Connectedness

運命思考が強みとなっている人は、人と人は互いに結びついている、偶然に起こることはひとつもない、という考えを持っています。

我々人間は、自分の行動についての決定権は自分にあり、それは自分の自由な意思に基づくものです。

けれども我々は、個別の人間ではあるのですが、何かもっと大きな存在の一部なのです。

人生の神秘とも言えるでしょう。 (さらに…)

回復志向 Restorative

回復志向 Restorative

回復思考を強みとして持っている人は、何か問題が起こったときに、症状を分析し、何が悪いのかを突き止め、解決策を見出すということを、楽しむ人です。

問題を解決することが大好きで、挑戦を楽しんでいるようでもあります。

好みとする問題は、その人の回復思考の資質以外の資質あるいは経験などによって決まるもので、現実的な問題や抽象的な問題、個人的な問題、または複雑でなじみのない問題など、人それぞれ異なるでしょう。 (さらに…)

学習欲 Learner

学習欲 Learner

学習欲を強みとして持つ人は、学ぶことが大好きな人です。

何に関心を持つかは人それぞれですが、それが何であっても学習への意欲の高まりがあります。

この学習への意欲は、その分野の専門家になるとか専門的な資格を取るとかいうことではなく、すなわち必ずしも成果を重要視しているわけではなくて、学習のプロセスを重要としています。 (さらに…)

活発性 Activator

活発性 Activator

活発性を強みとする人は常に行動を求めます。

分析、ディベート、討論などが重要であることも理解しているのですが、行動が最も有意義で功績につなげることができると思っています。

状況が曖昧であっても行動を起こすことができます。 (さらに…)

共感性 Empathy

共感性 Empathy

共感性という強みを持つ人は、本能的に、周囲の人が感じていることをまるで自分自身の気持ちであるかのように感じとることができます。

周囲の人の感情を察して、その人たちの立場で見て理解することができるのです。

対人関係において、うまく言葉に表せないでいる人たちの気持ちを理解して、彼らが自分の感情をうまく表現できるような手助けができます。 (さらに…)

競争性 Competition

競争性 Competition

競争性の強みを持つ人は、競争相手が必要です。

比較することを必要としているのです。

競争相手の成果が評価基準となるので、たとえとても大きな成果を出したとしてもそれが競争相手を超えるものでなければ意味がないのです。 (さらに…)

規律性 Discipline

規律性 Discipline

規律性を強みとする人は、何事も秩序正しく計画されていることを好みます。

自分のまわりのことを秩序立て、決めたことが完璧に完了されることを望みます。

毎日の日課を決めることや物事の進捗状況を重要視することで、人生における混乱を管理、調整します。 (さらに…)

原点思考 Context

原点思考 Context

原点思考を強みとして持つ人は、あらゆる物事についてその根底に何があるかということを常に探っています。

そのためにいつも過去を振り返ります。

過去というのは計画の原型があるので、不安定な現在では本来の姿が認識できなくなっているものが過去を振り返ることによって再び現れ、初めの意図がなんであったのかを知ることができます。 (さらに…)

公平性 Fairness

公平性 Fairness

公平性を強みに持つ人は、人々が平等に扱われるべきだという思いが強く、不公平なことを嫌います。

地位や特権がまかり通る世の中では、利己主義や個人主義の考えが生まれてしまいます。

規則は明確であって誰に対しても平等に適用されなければならず、そのような矛盾のない環境でこそ人々の働きも最高のものになると考えます。 (さらに…)