自己能力開発と才能の活かし方

自分の才能を目覚めさせて、活用することができるように、今までの弱点にこだわった考え方を改め、強みを磨いていきましょう。

ストレングス・ファインダーの34の強みの活かし方

戦略性

戦略性

戦略性を強みとする人は、組織全体においての戦略を任せられる人です。

この人の配属で最も適しているのはチームの最先端です。最高の戦略を練ってくれます。

不測の事態に対しても、最良の対策を見つけて解決する才能を持っています。 (さらに…)

責任感

責任感

責任感を強みとして持つ人は、強い道徳感覚が要求される業務に最適です。

そのような業務に就いて、周りを失望させることはありません。仕事の量より質に重きを置くので、スピードのために質を犠牲にはできない人です。

ですから自らの仕事の質に自信を持っています。仕事についてこの人と話をするのなら、質の話から始めるのがいいでしょう。 (さらに…)

成長促進

成長促進

成長促進を強みとする人は、管理職やチームのリーダーの候補生となる可能性が高いでしょう。

すでに管理職についているのならば、将来責任あるポストに就くと思われる人をこの人の部下として配置すると、強力な戦力に育て上げてくれるでしょう。 (さらに…)

慎重さ

慎重さ

慎重さを強みとする人は、物事を考えるときには細かいところまでじっくり考えます。

何か決定を下さなければならないときに、その計画について順調に進まない可能性のある要因などを指摘してもらうといいでしょう。

じっくり検討しないで先に行動を起こしがちなチームに配属すると、欠けている慎重さや先を見越す能力が加えられて良い影響を及ぼすことになるでしょう。 (さらに…)

指令性

指令性

組織内で起きていることに対して、意見を求めるのならば、指令性を強みとする人に求めるといいでしょう。

指令性の才能を持つ人は、無条件に他人の意見に与するようなことはなく、率直な意見や人とは異なる発想を述べてくれるでしょう。

プロジェクトの再検討や手直しが必要なとき、あるいはチーム内に説得しなければならない人がいるときなども、この人に任せるといいでしょう。 (さらに…)

収集心

収集心

収集心の才能を持つ人は、知識が増えることが喜びとなります。

大規模な調査を行う部署に配属して重要な問題を調査させると、能力は最大限活かされるでしょう。

インターネットの積極的な利用による情報収集という作業をさせることによって、ときに応じて必要な情報を得ることもできます。 (さらに…)

社交性

社交性

社交性を強みとする人は、会社ならば外部の人が尋ねて来たときに初めに対応する受付のような役割が向いています。

相手の緊張をほぐして、会社に対しては良い印象を持ってもらえるでしょう。

この人に対しては、内部の人でも好感を持つかもしれませんが、この人の職務を考えるときには感情に左右されてはいけません。 (さらに…)

自己確信

自己確信

自己確信を強みとする人は、自らが決めた道に確信を持っているので終始一貫した態度です。

不屈の精神を伴ったその態度が周りに威厳を感じさせ、重大な局面においても安心感を与えるでしょう。

この人は他人からの指示を必要としていませんし、望んでもいません。 (さらに…)