自己能力開発と才能の活かし方

自分の才能を目覚めさせて、活用することができるように、今までの弱点にこだわった考え方を改め、強みを磨いていきましょう。

革命を起こすには

強みを土台にして成果を上げるためにすべきこと

強みを土台にして成果を上げるためにすべきこと

従業員をそれぞれの資質に適さない業務に就かせることや、不必要で無意味な昇進をさせることは、企業にとっては大きなデメリットです。

従業員の強みを真の強みとして成長させ、より良い成果を上げさせることが、強い企業とするために必要なことです。

従業員の強みを見極め、それを最大限に活かせる業務を与えられるようにしなければなりません。

人間にはだれしも名声を得たい、評価されたいという欲望があります。

自分の職務において優れた成果を収めた人は、評価され、名声を得るべきでしょう。 (さらに…)

革命を起こすシステム作り

革命を起こすシステム作り

従業員一人ひとりが自らの才能を真の強みとして発展させ、活かしていくうえで、直属の上司の役割は重要です。

一人ひとりの才能を発掘し、目標を明確に定め、個々の強みに焦点を合わせ、持てる能力を伸ばさなければなりません。

従業員一人ひとりの才能を活かして、強みを土台にした企業を築くにはどうすればいいのか。

まずは、才能を評価するための方法を中心に据えての採用システムを作ることです。

才能を評価する方法は無数にありますが、大切なのは心理測定学的に信頼できるものでなければならないということと、評価は客観的なものでなくてはならないということです。 (さらに…)

革命を起こすには

革命を起こすには

ギャラップ社が行った調査で、世界の企業や組織で働く19万8,000人の従業員に対して、最も得意な仕事をする機会に恵まれているかという質問をしたところ、恵まれていると答えたのはわずか20%の従業員でした。

けれどもなかには傑出したマネージャーがいて、70%以上の従業員に、最も得意な仕事をする機会に恵まれていると思わせる企業もあります。

従業員に満足感を与えられないのは傑出したマネージャーがいないからなのかと言えば、そうではありません。

質問をしたすべての企業に、少なくとも1人は傑出した人物はいたのです。 (さらに…)