自己能力開発と才能の活かし方

自分の才能を目覚めさせて、活用することができるように、今までの弱点にこだわった考え方を改め、強みを磨いていきましょう。

革命を起こそう
このエントリーをはてなブックマークに追加

革命を起こそう

個々の強み、「強み」とは何か

弱点にとらわれないで、強みを活かした人生を送る、築いていくことによって、その人の人生は確固たるものになっていくことと思います。

実際に強みを活かして成功を収めた人々について述べることにしましょう。

世界長者番付に名前を連ねる一人である投資家は、自分の仕事をこよなく愛しています。 (さらに…)

強みを作り上げるもの、「才能」

一般的には、持って生まれた特殊な能力や素質のことを才能と言いますが、強みを作り上げるという観点からすると、さらに「繰り返し現れる思考、感情および行動パターンであり、何かを生み出す力を持つ資質」だと定義づけることができます。

この定義によれば、表面的に弱点だと思われるような個性もときによっては才能ということになります。

弱点のように見えることが強みの基になる才能だというのは少しややこしいのですが、才能は一人ひとり独自のもので、なおかつ永続的なものです。 (さらに…)

才能を見つける手がかり

才能を見つけるために肝心なことは、自分自身をよく観察することです。

さまざまな状況のもとで、自分が無意識に、反射的にどのような反応をしているか、というのは、才能を見つける有力な手がかりとなります。

たとえば、搭乗している飛行機の警報がいきなり鳴り出したときに、乗っている人がどのような反応を示すのか。

ある人は周りの人たちを観察しました。 (さらに…)

ストレングス・ファインダーとは

自分の才能強みを明らかにするためには、無意識の反応、切望、修得の速さ、満足感の4つの手がかりを最大限に利用して、自分の行動や感情を仔細に観察することです。

けれども自分という対象があまりにも自分に近すぎるために、客観的な観察が難しい場合もあります。

また、実際にはじっくりと観察する時間があまりないというのも多くの人の現状です。

そこで、4つの手がかりの他に、自分の強みとなる思考や行動特性を診断することのできるテストが、ストレングス・ファインダーです。 (さらに…)