自己能力開発と才能の活かし方

自分の才能を目覚めさせて、活用することができるように、今までの弱点にこだわった考え方を改め、強みを磨いていきましょう。

適応性

適応性

このエントリーをはてなブックマークに追加

適応性を強みとする人は、天性の柔軟性を持っています。

日々の仕事の中で状況が悪化したときでもそのつど適応することができます。

うまく適応して新たに踏み出すことができる人です。

この能力が活かされることで良い成果を生むことになるので、この人を配属するときにはそのことを念頭に置くといいでしょう。

適応性以外に、たとえば共感性の才能も持っているようならば、顧客の対応にあたる部署などに配属するのがいいかもしれません。

顧客のさまざまなニーズをすばやく察知して対応することができます。

適応性と成長促進の才能を併せもっているのならば、教育係が向いているでしょう。

学習と経験のための最適の環境を提供してくれると思います。

この人は短期決戦には強いですが、長期におよぶ勝負は苦手です。

短期間で結果が出る勝負を数多くこなすことを好みます。

この人は将来のことより今が大切だとしているので、将来的なこと、たとえば目標設定や人事のことにあまり意味を持ちません。

議題や内容が将来的なものであれば、会議に出席させる必要はありません。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です