自己能力開発と才能の活かし方

自分の才能を目覚めさせて、活用することができるように、今までの弱点にこだわった考え方を改め、強みを磨いていきましょう。

運命思考

運命思考

このエントリーをはてなブックマークに追加

運命思考を強みとして持つ人は、ある社会通念を固持していることがあります。

また、精神性を重んじる傾向があって、それが強い信念になっています。

それがどんな社会通念なのか、どんな信念なのか、ということを知ること、真剣に耳を傾けてできる限り受け入れること、認めることで意思の疎通ができ、信頼関係を築くこともできます。

逆の言い方をすれば、この人と信頼関係を築くには、この人の持っている社会通念や信念を、たとえ自分の信念と同じでないとしても、とにかく認めることです。

運命思考の才能は、組織の中での自分の使命を考えて、その使命を推進することができるということです。

個人ではなくて組織という大きな存在の中の一員であることに満足感を持つのです。

そして人間同士の結びつきというものは自然なものであるという意識があるので、さまざまなグループの架け橋となるような職務は適していますし、適所に配属することによってチームのまとめ役にもなれるでしょう。

同じ運命思考の強みを持つ人同士なら、情報を共有して経験を分かち合うことによって、個々の目標をさらにはっきりと見定めることができるようにもなるでしょう。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です