自己能力開発と才能の活かし方

自分の才能を目覚めさせて、活用することができるように、今までの弱点にこだわった考え方を改め、強みを磨いていきましょう。

責任感

責任感

このエントリーをはてなブックマークに追加

責任感を強みとして持つ人は、強い道徳感覚が要求される業務に最適です。

そのような業務に就いて、周りを失望させることはありません。仕事の量より質に重きを置くので、スピードのために質を犠牲にはできない人です。

ですから自らの仕事の質に自信を持っています。仕事についてこの人と話をするのなら、質の話から始めるのがいいでしょう。

この人がどのような責任を問われる業務を望んでいるのかを尋ねて、選択の機会を与えて、新たな業務を任せることで、この人はやる気を起こします。

そしていったん引き受けた仕事は、よほどのことがない限りやり遂げます。

気をつけなければならないのは、この人と同じ部署やチームに責任感のない人を置かないことです。

チームで仕事をするときにとても苛立たせてしまうからです。

一度に大量の責務を負わせることも避けたほうがいいでしょう。

この人の責任感という能力を買って、管理職に昇進させることについては、慎重に考えてください。

自分独りで仕事をするのが好きなのであって、他の人の仕事に対して責任を持つことを好んでいないこともあるからです。

このような場合に管理職に配置してしまうことによって、やる気を無くしてしまうかもしれません。

自主性があるので、仕事を任せるときには、逐一指図をしないことです。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です