自己能力開発と才能の活かし方

自分の才能を目覚めさせて、活用することができるように、今までの弱点にこだわった考え方を改め、強みを磨いていきましょう。

規律性

規律性

このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事を効率良くこなしていく上で、規律性は心強い味方です。

計画を立てることや、仕事を系統立てること、業務上の時間配分や業務手順を改善することなどは規律性の強みを持つ人の助けを借りるといいでしょう。

また、他の人にも必要であればこのような助けをこの人に依頼することを勧めるといいでしょう。

規律性の才能を持つ人は、常に仕事を期限内に終える必要性を感じています。

ですから余裕を持って仕事を終えるためには最終期限を前もって伝えておくことが必要です。

でたらめで無秩序な状況の中では、この人は秩序が回復して展望が見える状態になるまで落ち着くことができません。混乱は不快の素なのです。

突然の計画の変更などは、この人にとっては苦痛となり、仕事が手につかなくなってしまうことさえあります。

複数の仕事をする必要性があるときなどは、仕事の優先順位をつけ、優先順位が決まったらむやみにそれを変更しないことです。

置かれている立場が物理的に混乱した状態であれば、そこに長く置いて忍耐を強いるのは望ましくありません。

混乱を収拾させる任にあたらせるか、異なる環境に配置換えをするかの対処をしてください。

柔軟性や臨機応変な対応が求められる環境では、起こりうるさまざまな状況への対処法を自分の中でイメージしておくことをアドバイスしてください。

そうすることによって、たとえ突発的なことが起きてもこの人が抱え込む動揺は少なくて済みます。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です