自己能力開発と才能の活かし方

自分の才能を目覚めさせて、活用することができるように、今までの弱点にこだわった考え方を改め、強みを磨いていきましょう。

自分の資質に集中することでの影響

自分の資質に集中することでの影響

自分の資質に集中することでの影響

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分が自分自身の人生を歩んでいるか、という問いは、ときによってとても恐ろしいものです。

多くの人々は、これでいいのだろうかという疑問を常に胸に抱えています。

自分自身がわからない不安定な状態だと、まちがった人生を歩んでいるのではないかと思えてしまったり、自分に合った新たな道を歩むのに足踏みをしてしまったり、してしまうかもしれません。

さらに、自分が不安定だと他人に対しても関心がなくなって、学歴や性別や人種などの表面的なことだけで人を判断するようにもなりがちです。

人にはそれぞれに強みとなる資質があって、弱点の克服に力を注ぐよりも強みを伸ばすことに重きを置いた人生を歩むことが、良い成果を生むということにつながります。

しかしながら、自分の資質だけに夢中になっていると視野が狭くなるのではないか、自分本位になってしまうのではないか、ドライなスペシャリストになってしまうのではないか、などの心配も起こってくるでしょう。

このような心配は不要です。

自分の資質に集中することによって、本当の自分がもっとわかるようになって、自信が持てるようになります。

自分の資質に磨きをかけ、それを武器として活用していれば、自分の人生を歩んでいるという自覚も出てくるでしょう。

自己認識が心を大きくし、自分の資質を活かす新たな方向への転換にも勇気がわくでしょう。

そしてさらに、自分にはない資質を持つ人たちをより深く理解できるようにもなれるのです。

自分の強みをはっきりと自覚すれば、他人の資質を認めるゆとりも生まれるのです。

人間は誰一人として同じではなく、それぞれがそれぞれの資質を持っています。

自分の独自性が永続的で価値あるものだということがわかれば、他の人の独自性も永続的で価値のあるものだと、素直に思えてきます。

自分本位にならないためには、まず、プレッシャーや強迫観念にとらわれずに、自分の強みとなる資質が語りかける声に耳を傾けてそれを理解し、活かすように力を注いでください。

自分の複雑な資質の仕組みを把握すれば、他の人の資質や価値を認めることができるようになるのです。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です