自己能力開発と才能の活かし方

自分の才能を目覚めさせて、活用することができるように、今までの弱点にこだわった考え方を改め、強みを磨いていきましょう。

最上志向

最上志向

このエントリーをはてなブックマークに追加

最上志向を強みとして持つ人は、仕事で最高の成果を修めることを喜びとします。

そしてそれが認められ、高く評価されることを望みます。

反対に弱点を矯正することや、失敗に終わったことに再度挑戦するようなことには意欲を持ちません。

問題処理をするような役割には不向きです。

このタイプの人は、自分の強みを最大限活かそうとしているので、適した部署、適した業務に配置することによって実用的な提案を次々と示して企業の利益につなげることができるでしょう。

この人の配属については、ことこまかに本人と話し合って決めるのがいいでしょう。

この人は自分の強みを活かすことができる道を無条件に選択します。

収入が増えることよりも、強みを活かせることのほうを優先します。

優秀さに対する探究心を持っているので、組織内の最も優れた業績の調査などをするときには、そのプロジェクトチームのリーダーを任せるといいでしょう。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です