自己能力開発と才能の活かし方

自分の才能を目覚めさせて、活用することができるように、今までの弱点にこだわった考え方を改め、強みを磨いていきましょう。

最上志向 Maximizer

最上志向 Maximizer

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分自身のものか他人のものかにかかわらず、強み才能に魅力を感じ、それを最大限利用したいと考えます。

平均であることより優秀であることを望み、そのための努力をすることができます。

すなわち、平均以下の何かを平均より少し上に引き上げる努力より、平均以上の何かを最高のものに高める努力のほうを楽しむことができるのです。

そして、長所を見分ける力を自然に持っています。

型にはめて弱点を克服させようとする人たちを避け、自分の強みを高く評価してくれる人たちと過ごすことを選びます。

それが大変であったとしても、自分の弱みを嘆きながら人生を送るよりも、持って生まれた天賦の才を活かしたいという思いがあり、それを楽しむこと、実り多いものとすることができます。

最上志向を強みに持つエアロビクスのインストラクターは、生徒に対して理想の体型や変えたい部分を気にするより、自分の中で気に入っている部分を大切にするようにと言います。

理想の体型や変えたい部分ばかりを気にしていることはマイナスにしかならず、悪循環を起こします。

それよりも自分が気に入っている自分の個性に目を向けるほうが、ずっと気持ちよくエネルギーを発散できるからです。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です