自己能力開発と才能の活かし方

自分の才能を目覚めさせて、活用することができるように、今までの弱点にこだわった考え方を改め、強みを磨いていきましょう。

成長促進

成長促進

このエントリーをはてなブックマークに追加

成長促進を強みとする人は、管理職やチームのリーダーの候補生となる可能性が高いでしょう。

すでに管理職についているのならば、将来責任あるポストに就くと思われる人をこの人の部下として配置すると、強力な戦力に育て上げてくれるでしょう。

成長促進の強みを持つ人は、他の人の能力を伸ばして卓越した力を発揮させる指導者になれます。

そのことを賞賛するなどして、自覚させることも大切です。

従業員の成長に貢献できる部署や立場を与える、従業員の教育係を任せる、組織が取り組むべき問題に関する研修講座を行ってもらう、などでこの人の能力を活かすことができます。

また、同僚や部下に対しての評価や、誰がよく成長しているか、ということをこの人に聞くといいでしょう。

賞賛に値する業績を判断することができ、他の人にはわからないようなわずかな成長を見抜く眼を、この人は持っています。

この人を組織の外の研修などに通わせるのもいいでしょう。

たとえ授業料を支払ったとしても、価値があると思います。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です