自己能力開発と才能の活かし方

自分の才能を目覚めさせて、活用することができるように、今までの弱点にこだわった考え方を改め、強みを磨いていきましょう。

慎重さ

慎重さ

このエントリーをはてなブックマークに追加

慎重さを強みとする人は、物事を考えるときには細かいところまでじっくり考えます。

何か決定を下さなければならないときに、その計画について順調に進まない可能性のある要因などを指摘してもらうといいでしょう。

じっくり検討しないで先に行動を起こしがちなチームに配属すると、欠けている慎重さや先を見越す能力が加えられて良い影響を及ぼすことになるでしょう。

交渉の場においては、第一線に出ないで後方から援助する立場で才能を発揮します。

人を見る眼にも優れているので、その才能は人間関係を築く上でも発揮されます。

ただし、これには一定の期間を要します。

一緒に仕事をする同僚や上司などが信頼に値する人物かどうかを確認しようとするので、そのための時間が必要になるのです。

ですから次々と所属を変えることはできれば避けたほうがいいと思います。

他に避けたほうがいいのは、即断を求めることです。自分だけの裁量で決定を下すことを好まないので、そのような立場には就かせないことです。

接客や外部との有益な人脈づくりのような仕事も、この人には不向きです。慎重さという資質を持つ人なので、むやみにプライバシーに立ち入ろうとしてはいけません。

同様に、この人もある程度の距離を置こうとしますが、それは特に含みのあるものではありません。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です