自己能力開発と才能の活かし方

自分の才能を目覚めさせて、活用することができるように、今までの弱点にこだわった考え方を改め、強みを磨いていきましょう。

慎重さ Deliberative

慎重さ Deliberative

このエントリーをはてなブックマークに追加

慎重さを強みとする人は、用心深い人です。

人生は地雷原を歩くようなものだと考えるので、決して油断しません。

危険を明確にして、その危険が及ぼす影響を推し量り、それから慎重に一歩ずつ、細心の注意を払って進む人です。

世の中の表面下の危険を否定することなく、一つひとつを引き出し、特定し、評価し、最終的には危険な要素を減らしていきます。

友人は慎重に選び、自分自身のことについてはあまり話しません。

他人のことを過度に褒めるようなこともしません。

毎日の生活を注意深く送り、かなりまじめであるのがこの資質の特徴です。

この強みを持つ人は、不確定要素が少ないほどリスクが減ると考えて、小さな問題でもすぐに片付けようとします。

何か企画があったときは、その具体的な方法などについて慎重に判断してリスクを見極めたいと考えます。

なんでもそつなくこなせるというわけではないけれど、再確認だけは怠らないという人も多いでしょう。

何らかの対策計画を立てるときには、計画の段階でも手を抜かないで慎重に進めるので、なかなか満足のいく計画はできないのですが、結果的にはあとから修正を加える必要もなく、計画にほころびが生じることもない、良いものができ上がります。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です