自己能力開発と才能の活かし方

自分の才能を目覚めさせて、活用することができるように、今までの弱点にこだわった考え方を改め、強みを磨いていきましょう。

強みを土台にして成果を上げるためにすべきこと

強みを土台にして成果を上げるためにすべきこと

強みを土台にして成果を上げるためにすべきこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

従業員をそれぞれの資質に適さない業務に就かせることや、不必要で無意味な昇進をさせることは、企業にとっては大きなデメリットです。

従業員の強みを真の強みとして成長させ、より良い成果を上げさせることが、強い企業とするために必要なことです。

従業員の強みを見極め、それを最大限に活かせる業務を与えられるようにしなければなりません。

人間にはだれしも名声を得たい、評価されたいという欲望があります。

自分の職務において優れた成果を収めた人は、評価され、名声を得るべきでしょう。

ただし、成果というのはその職務ごとに異なるものです。

ですからその職務ごとの成果に応じたさまざまな名声が用意されていなくてはなりません。

しかしながらそれを実行している企業は少なく、多くは名声というものは他を支配する権力を伴うものとなっているのが現状です。

強みを土台とした企業にするならば、名声というのはそれぞれの職務ごとに異なった意味のあるものを現状に合わせて用意するべきなのです。

名声の階段を増やして、従業員各々を評価しなければなりません。

そして最後に、その階段を上りたくなる発奮材料を従業員に与えることが大切です。

名声を細分化して、階段を昇れば昇っただけ、名声が得られるようにすることです。

肩書きのつけ方や給与体系の改革が必要となります。

最も得意な分野で仕事をする機会に恵まれていると感じているのがわずかに20%しかいないという現代社会において、従業員の強みに注目して才能ある従業員の定着率を高めることは企業にとっての重要課題です。

従業員が自らの強みを自覚して、強みを活かすことに対して奨励し、強みを武器に優れた成果を収めたら、相応の名声が与えられるという企業をつくることです。

従業員が持っている最高のものを本人に示し、さらに高みを目指すように促すように努めることは、従業員各々がゆるぎない人生を歩む手助けにもなるでしょう。

そして一人ひとりの従業員が仕事に恵まれていると実感することが、強い企業を築き上げることにつながっていくでしょう。


«

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です