自己能力開発と才能の活かし方

自分の才能を目覚めさせて、活用することができるように、今までの弱点にこだわった考え方を改め、強みを磨いていきましょう。

学習欲

学習欲

このエントリーをはてなブックマークに追加

学習欲を強みとする人は、学習することに意義を感じます。

そして学習の成果よりも学習の過程に意欲を燃やします。

必ずしも昇進を望んでいるわけではなく、新たな事実や技術や知識を身につけることに貪欲なのです。

ですから、状況が刻々と変化する分野でその変化にすぐに対応しなければならないような職務でモチベーションが上がるでしょう。

学習に適した環境を求める人なので、仕事を通して学習できるような機会を与えなければ他の組織や企業に移ってしまうおそれもあるかもしれません。

それを防ぐためには、関心がありそうな講座受講の機会を与えることも必要かもしれません。

同じ分野の第一人者のそばなどの学習欲が刺激される環境に置くのも一案でしょう。

学習ができる、教育が受けられるような経済的援助も考慮したほうがいいと思います。

学習のプロセスがこの人を活性化させるので、学習の進捗状況を見守り、そのつど到達したレベルを明確にし、その過程を認め、その進歩に対しては賞賛するようにしてください。

人に教えることが自らの学習の機会にもなるので、討論会やプレゼンテーションを取り仕切る役割を任せるのもいいでしょう。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です