自己能力開発と才能の活かし方

自分の才能を目覚めさせて、活用することができるように、今までの弱点にこだわった考え方を改め、強みを磨いていきましょう。

回復志向

回復志向

このエントリーをはてなブックマークに追加

組織の中で発生した何らかの問題を突き止めようとするとき、回復志向の強みを持つ人の観察力、洞察力はとても頼りにできます。

早急な問題解決が必要な事態が発生したときには、しっかりと問題点を見極めて実際的な方法で事態の改善を図ってくれます。

問題の発見と解決に意欲的に取り組むので、企業であれば最も大切な顧客に関係ある問題を処理する部署に配属するのがいいでしょう。

このように問題の解決に一役買ってくれるという資質なのですが、その功績については必ず高く評価するようにしてください。

誰もが頼りにしていることを伝えることが大切です。

この人にとっての成功とは、困難な局面を打開すること、障害を取り除き前進することであり、問題解決能力に自らの存在意義を見出しています。

そして同じような見方をすることを周りの人にも望んでいます。

もしもこの才能を持っていても解決に苦労しそうな問題が発生した場合、未解決の状態が続くことで敗北感を感じてしまうので、このようなときは早めに解決できるように援助を申し出るのがいいと思います。

回復志向を強みとする人を部下に持っているのならば、改善したい問題点を尋ね、それを半年や1年などの目標とするように指示することです。

このような指示は歓迎されるでしょう。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です