自己能力開発と才能の活かし方

自分の才能を目覚めさせて、活用することができるように、今までの弱点にこだわった考え方を改め、強みを磨いていきましょう。

収集心

収集心

このエントリーをはてなブックマークに追加

収集心の才能を持つ人は、知識が増えることが喜びとなります。

大規模な調査を行う部署に配属して重要な問題を調査させると、能力は最大限活かされるでしょう。

インターネットの積極的な利用による情報収集という作業をさせることによって、ときに応じて必要な情報を得ることもできます。

収集した情報を蓄積するシステムづくりの役割を与えるのもいいでしょう。

また、組織の中のさまざまな情報についても、それを知っていること、内情に通じていることに満足するタイプなので、内部のニュースやきっと知りたがるだろうと思われる情報などは、できるだけこの人に伝えるのがいいでしょう。

この人に何か情報を求めて、折りを見てその情報の豊富なことに賞賛の言葉をかけましょう。

そのことがこの人の喜びとなって、さらに有用な情報を収集してくれるでしょう。

もしも収集心の他にも成長促進の才能がある人なら、指導者や教育担当者としても手腕を発揮してくれます。実話や寓話を織り交ぜたこの人の話は、求心力があって良い指導の成果を生むでしょう。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です