自己能力開発と才能の活かし方

自分の才能を目覚めさせて、活用することができるように、今までの弱点にこだわった考え方を改め、強みを磨いていきましょう。

原点思考 Context

原点思考 Context

このエントリーをはてなブックマークに追加

原点思考を強みとして持つ人は、あらゆる物事についてその根底に何があるかということを常に探っています。

そのためにいつも過去を振り返ります。

過去というのは計画の原型があるので、不安定な現在では本来の姿が認識できなくなっているものが過去を振り返ることによって再び現れ、初めの意図がなんであったのかを知ることができます。

初めの意図や原型を知ることによって、自信を持ち、方向を定めて、適切に判断することができるようになります。

人間関係においてもその人の過去を通してその人を理解しようとします。

過去を知ることによって、自然に将来を見通すことができるようになるのです。

初対面の人に対してはある程度の時間がかかりますが、その時間は必要なものです。

まずその人の過去の原型を理解しなければその人を理解できないでしょう。

新しい状況に直面したときも時間を取って原型を理解しなければなりません。

そうすることによって自信をもって決断することができるのです。

企業の中で、部下を持つ立場の人でこの強みがある人は、部下に対してもこのような考えに基づいて過去を振り返ることの大切さを忠告します。

多くの人は過去を振り返るということをあまりしませんが、過去を振り返ることによって過去のあやまちを繰り返さないようにしなければならないと言います。

これまでのことを振り返って考え、何が原因でミスが起きたのかを見極めて、同じミスを犯さないようにする、ということが大切なのです。

また、部下たちの過去を尊重することに重きを置きます。

部下たちの過去の成果やそれまでの歴史を尊重することによって、彼らとの人間関係を良好にすることができると考えます。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">