自己能力開発と才能の活かし方

自分の才能を目覚めさせて、活用することができるように、今までの弱点にこだわった考え方を改め、強みを磨いていきましょう。

内省

内省

このエントリーをはてなブックマークに追加

内省を強みとする人は、考えることが得意であり、楽しみであり、エネルギーの源でもあります。

集中して考えることで、思考力がより鋭くなり、本人の自信も増すことになります。

考えていることを職場の人たちにも伝えることで、その思考はますます緻密に明確になりますから、話し合う機会や考えを伝える機会を与えるようにしてください。

また、この人の思考力の真価を問うことに対して、悪く思ったりする必要はありません。

そのようなことに対してこの人は気にしないで、むしろさらにやる気を起こします。

もしも、急にやらなければならない仕事が発生して、それをチームのメンバーや従業員などに説明する必要が生じたときは、この人の能力が助けになります。

その事柄に関するすべての点を考慮して、だれもが納得するように説明してくれるでしょう。この人は活字の虫でもあります。

企画案や書籍などに対して評価が必要なときには、この人に読んでもらって感想を尋ねるのもいいでしょう。

仕事をするうえで誰かと組ませるとしたら、活発性の分野に秀でた人がいいと思います。

内省の強みの考えやアイデアを活発性の強みが行動に移す後押しをすることができるでしょう。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です