自己能力開発と才能の活かし方

自分の才能を目覚めさせて、活用することができるように、今までの弱点にこだわった考え方を改め、強みを磨いていきましょう。

公平性

公平性

このエントリーをはてなブックマークに追加

公平性を強みとする人は、個人の特性より集団全体の特徴をつかむことに秀でています。

ですから分析が必要な仕事では、個人の分析ではなくて、集団の分析を任せることです。

性格も能力も異なる多くの従業員を公平に扱わなければならない状況で、その規定をうまく説明することができます。

従業員を管理する立場に置かれたときに、たとえば従業員一人ひとりの力量が違うにもかかわらず絶対的な規定を一律に適用しなければならないような状況で、公平な眼で判断して、その判断について納得のいく説明をすることができる人です。

また、何らかの研究や企画などで、終了後にそのチームを評価する必要があるときには、この人に任せるといいでしょう。

メンバー一人ひとりの働きについて的確に判断し、貢献度の採点をすることができます。

公平性の強みを持つ人は、実利的でもあります。長期計画のような観念的な仕事は不向きです。

何かを決定する仕事や、結果が明確にわかる仕事のほうが向いています。

日常的に行わなければならない業務を新たに始めるときには、履行形式などを決めるのに助けとなってくれます。

この人は、未来が予測でき、うまくいくと確信できないと安心することができないタイプなので、環境が大きく変化するような状況のときには助けになってあげてください。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です