自己能力開発と才能の活かし方

自分の才能を目覚めさせて、活用することができるように、今までの弱点にこだわった考え方を改め、強みを磨いていきましょう。

公平性 Fairness

公平性 Fairness

このエントリーをはてなブックマークに追加

公平性を強みに持つ人は、人々が平等に扱われるべきだという思いが強く、不公平なことを嫌います。

地位や特権がまかり通る世の中では、利己主義や個人主義の考えが生まれてしまいます。

規則は明確であって誰に対しても平等に適用されなければならず、そのような矛盾のない環境でこそ人々の働きも最高のものになると考えます。

予測が可能で公正な環境でこそ、人は自分の力を発揮する機会を持つことができるのです。

実際に、公平性を強みとする人で、事業企画のマネージャーのポストにいる人は、あるアイデアが企画に上るときには必ず誰のアイデアかということを明確にします。

このことが公平で正当なことだと考えるからです。

また、組織の中で、立場が上にある人よりも、たとえばパートタイムで働いている人などに対して敬意を払い大切にするのも、この強みを持つ人です。

他にも、本人にはどうすることもできない理由で公平な機会が与えられないということを嫌うので、このような状況は改善しようと努める人もいます。

弱者の味方だとも言えるでしょう。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">