自己能力開発と才能の活かし方

自分の才能を目覚めさせて、活用することができるように、今までの弱点にこだわった考え方を改め、強みを磨いていきましょう。

個別化

個別化

このエントリーをはてなブックマークに追加

個別化の能力を持つ人は、一人ひとりに適した指導法を見極める能力に長けているので、社内研修や新入社員の教育を任せると、その能力が活かされます。

この秀でた能力は個人の強みと弱点を冷静に判断することができるので、社内あるいは組織内の人事配置を考えるときには、この人の力を借りると適材適所の人事ができます。能力や考えなどが把握しづらい従業員などがいるときにも、この人の洞察力が頼りになります。

問題のある従業員への対処法もこの人の助けを借りると、適切な対処法を考え出してくれるでしょう。

もしも個別化の能力を持つ人が、他にも成長促進やアレンジの才能に秀でているのなら、管理職に適した人材と言えるでしょう。

指令性、社交性の能力も持っているのなら、見込みのある客を常連客にするというような才能が見込まれるでしょう。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です