自己能力開発と才能の活かし方

自分の才能を目覚めさせて、活用することができるように、今までの弱点にこだわった考え方を改め、強みを磨いていきましょう。

ストレングス・ファインダーの34の強みの活かし方
このエントリーをはてなブックマークに追加

ストレングス・ファインダーの34の強みの活かし方

アレンジ

アレンジを強みとする人は、責任ある仕事で才能を発揮する人です。

管理職にふさわしい器だと言えるでしょう。

異なる個性を持つ従業員たちを同じ目標に向かって一致団結させる術を心得ています。 (さらに…)

運命思考

運命思考を強みとして持つ人は、ある社会通念を固持していることがあります。

また、精神性を重んじる傾向があって、それが強い信念になっています。

それがどんな社会通念なのか、どんな信念なのか、ということを知ること、真剣に耳を傾けてできる限り受け入れること、認めることで意思の疎通ができ、信頼関係を築くこともできます。 (さらに…)

回復志向

組織の中で発生した何らかの問題を突き止めようとするとき、回復志向の強みを持つ人の観察力、洞察力はとても頼りにできます。

早急な問題解決が必要な事態が発生したときには、しっかりと問題点を見極めて実際的な方法で事態の改善を図ってくれます。

問題の発見と解決に意欲的に取り組むので、企業であれば最も大切な顧客に関係ある問題を処理する部署に配属するのがいいでしょう。 (さらに…)

学習欲

学習欲を強みとする人は、学習することに意義を感じます。

そして学習の成果よりも学習の過程に意欲を燃やします。

必ずしも昇進を望んでいるわけではなく、新たな事実や技術や知識を身につけることに貪欲なのです。 (さらに…)

活発性

活発性を強みに持つ人には始動能力があります。たとえば、議論を重ねるばかりで成果を上げられないチームを任せると、そういうチームを前進させる活性剤となるでしょう。

部署全体の改善点などを相談して、この人に合う分野での企画の立案や推進も適しています。 (さらに…)

共感性

他人の感情を敏感に察知することができる人なので、組織の中の一人ひとりが感じていることを知りたいときに助けになるでしょう。

共感性の強みを持つ人にとっての感情とは現実的で実質的なものなので、何かの決定を下すときに感情に重きが置かれます。

ですから特定の職務を与える場合などでも、承諾を得る前に、関連する問題などについてどのように感じているかを尋ねるのがいいと思います。 (さらに…)

競争性

競争性を強みとする人にとって、勝つことが目標の達成であって、負けることは目標が達成できなかったことを意味します。

競争性の才能を持つ人には、他の人と競い合う場を設けることです。

自分よりレベルの低い人との競争にはあまり関心を示しませんが、技術レベルにほとんど差のない人との競争を好みます。 (さらに…)

規律性

仕事を効率良くこなしていく上で、規律性は心強い味方です。

計画を立てることや、仕事を系統立てること、業務上の時間配分や業務手順を改善することなどは規律性の強みを持つ人の助けを借りるといいでしょう。

また、他の人にも必要であればこのような助けをこの人に依頼することを勧めるといいでしょう。 (さらに…)

原点思考

原点思考の才能を持つ人は、物事の原点や背景を常に理解していたいタイプです。

何か物事を依頼するときには、その経緯を丁寧に説明して理解してもらわなければ引き受けてもらうことはできません。

何らかの決定がなされる際には、みんながその内容をきちんと理解していることを望むので、その決定がされた会議などの内容や論評をこの人に聞くといいでしょう。 (さらに…)

公平性

公平性を強みとする人は、個人の特性より集団全体の特徴をつかむことに秀でています。

ですから分析が必要な仕事では、個人の分析ではなくて、集団の分析を任せることです。

性格も能力も異なる多くの従業員を公平に扱わなければならない状況で、その規定をうまく説明することができます。 (さらに…)

個別化

個別化の能力を持つ人は、一人ひとりに適した指導法を見極める能力に長けているので、社内研修や新入社員の教育を任せると、その能力が活かされます。 (さらに…)

コミュニケーション

コミュニケーションの才能を社内、組織内で活かす方法はいろいろあると思いますが、より大きな貢献ができるように、才能をより発展させられるように、その方法を考えてください。 (さらに…)

最上志向

最上志向を強みとして持つ人は、仕事で最高の成果を修めることを喜びとします。

そしてそれが認められ、高く評価されることを望みます。

反対に弱点を矯正することや、失敗に終わったことに再度挑戦するようなことには意欲を持ちません。 (さらに…)

自我

自我を強みとして持つ人は、独立心が非常に強いです。

目立つこと、注目されることが大好きです。

人から認められることが大好きです。

注目の的になることが大好きです。

ですから仕事において、できる限り裁量の余地を与えて経過は黙って見守り、段階ごとに賞賛の言葉をかけて、業績や貢献を認めるようにするといいでしょう。 (さらに…)

自己確信

自己確信を強みとする人は、自らが決めた道に確信を持っているので終始一貫した態度です。

不屈の精神を伴ったその態度が周りに威厳を感じさせ、重大な局面においても安心感を与えるでしょう。

この人は他人からの指示を必要としていませんし、望んでもいません。 (さらに…)

社交性

社交性を強みとする人は、会社ならば外部の人が尋ねて来たときに初めに対応する受付のような役割が向いています。

相手の緊張をほぐして、会社に対しては良い印象を持ってもらえるでしょう。

この人に対しては、内部の人でも好感を持つかもしれませんが、この人の職務を考えるときには感情に左右されてはいけません。 (さらに…)

収集心

収集心の才能を持つ人は、知識が増えることが喜びとなります。

大規模な調査を行う部署に配属して重要な問題を調査させると、能力は最大限活かされるでしょう。

インターネットの積極的な利用による情報収集という作業をさせることによって、ときに応じて必要な情報を得ることもできます。 (さらに…)

指令性

組織内で起きていることに対して、意見を求めるのならば、指令性を強みとする人に求めるといいでしょう。

指令性の才能を持つ人は、無条件に他人の意見に与するようなことはなく、率直な意見や人とは異なる発想を述べてくれるでしょう。

プロジェクトの再検討や手直しが必要なとき、あるいはチーム内に説得しなければならない人がいるときなども、この人に任せるといいでしょう。 (さらに…)

慎重さ

慎重さを強みとする人は、物事を考えるときには細かいところまでじっくり考えます。

何か決定を下さなければならないときに、その計画について順調に進まない可能性のある要因などを指摘してもらうといいでしょう。

じっくり検討しないで先に行動を起こしがちなチームに配属すると、欠けている慎重さや先を見越す能力が加えられて良い影響を及ぼすことになるでしょう。 (さらに…)

信念

信念を強みとして持つ人は、物事に熱中します。

ですからこの人の担当する業務を選ぶときには、熱中できるものを見つけてそれと関連ある業務がいいでしょう。 (さらに…)

親密性

親密性を強みとする人は、周りの人たちと忠実な人間関係を結ぼうとします。

信頼というものはこの人にとって、とても大切なものです。

ですから信頼を裏切るようなことはないでしょう。 (さらに…)

成長促進

成長促進を強みとする人は、管理職やチームのリーダーの候補生となる可能性が高いでしょう。

すでに管理職についているのならば、将来責任あるポストに就くと思われる人をこの人の部下として配置すると、強力な戦力に育て上げてくれるでしょう。 (さらに…)

責任感

責任感を強みとして持つ人は、強い道徳感覚が要求される業務に最適です。

そのような業務に就いて、周りを失望させることはありません。仕事の量より質に重きを置くので、スピードのために質を犠牲にはできない人です。

ですから自らの仕事の質に自信を持っています。仕事についてこの人と話をするのなら、質の話から始めるのがいいでしょう。 (さらに…)

戦略性

戦略性を強みとする人は、組織全体においての戦略を任せられる人です。

この人の配属で最も適しているのはチームの最先端です。最高の戦略を練ってくれます。

不測の事態に対しても、最良の対策を見つけて解決する才能を持っています。 (さらに…)

達成欲

達成欲を強みとして持つ人は、忙しくしていることを好みます。

早朝出勤や残業、仕事のための睡眠不足も嫌がりません。

仕事が終わったあとに休息を与えることを喜ぶようなこともありません。 (さらに…)

着想

着想を強みとする人は、特に企画の部門における才能に秀でています。

企業の中では、たとえば販売戦略、市場キャンペーン、新製品の企画、顧客サービスに関する問題処理など、分野が何であれ企画立案をこの人に任せることでこの人の才能が活かされますし、またそれ自体がこの人の成長の糧でもあります。 (さらに…)

調和性

調和性を強みとして持つ人は、争いごとを好みません。何かの集まりで、意見が対立して歩み寄りがないときにはこの人は役に立ちます。

意見の対立を解消するわけではありませんが、同調できる点を見つけるのに一役買ってくれるでしょう。 (さらに…)

適応性

適応性を強みとする人は、天性の柔軟性を持っています。

日々の仕事の中で状況が悪化したときでもそのつど適応することができます。

うまく適応して新たに踏み出すことができる人です。

この能力が活かされることで良い成果を生むことになるので、この人を配属するときにはそのことを念頭に置くといいでしょう。 (さらに…)

内省

内省を強みとする人は、考えることが得意であり、楽しみであり、エネルギーの源でもあります。

集中して考えることで、思考力がより鋭くなり、本人の自信も増すことになります。

考えていることを職場の人たちにも伝えることで、その思考はますます緻密に明確になりますから、話し合う機会や考えを伝える機会を与えるようにしてください。

また、この人の思考力の真価を問うことに対して、悪く思ったりする必要はありません。 (さらに…)

分析思考

分析思考を強みとして持つ人は、仕事において精密で正確であることに重きを置きます。

精密で正確な仕事をやり遂げることが大切なのです。

また、何か重要な判断をするときに、関連事項の検討には十分な時間をかけてその決断に関係するすべての事項を把握しようとします。

データの分析やパターンの発見などにも大きな関心があります。 (さらに…)

包含

包含を強みとして持つ人は、すべての人に同じチームの一員であると感じさせることに満足する人です。

企業の中においては新入社員のオリエンテーションを任せるとか、グループ単位の業務のまとめ役などが向いています。 (さらに…)

ポジティブ

ポジティブを強みとする人は、周りの人にエネルギーをもたらします。

この人に接することで、周りの人は自然と意欲が湧いてきます。

この資質については、本人に自覚させてより活かすように指導すべきでしょう。 (さらに…)

未来志向

未来志向の強みを持つ人は、将来を前提に物事を考える傾向があります。

この人に、未来展望のもとになる原料、たとえばデータや記事などを積極的に与えるといいでしょう。 (さらに…)

目標志向

目標志向という才能は、自分で仕事をコントロールできる環境において力を発揮します。

日程と目標だけを設定して、実践法などは本人に任せるのがいいでしょう。

期限のある企画などを任されると、全力で最後まで、必ず期限内にやり遂げてくれます。 (さらに…)