起業の選択肢にNPOはどうですか?

NPOは非営利団体であり、「世のため人のため」に活動します

NPOビジネスを成功させる鍵

経営の原則(1) 役員会の多様性の確保

役員会の多様性の確保

NPOビジネスの事業体の役員会は、役員の構成を性別、年齢、バックグラウンドをできるだけ多彩にすることです。

そのことによって多くの能力のある人材の協力を得られること、また大きな力を発揮できるからです。

ところが、役員を同じタイプの仲間だけで構成している事業体が多いのです。 (さらに…)

事業をどう始めるか(5) 事業体の選択

事業体の選択

事業を立ち上げて推進していくため、その事業体がどのようなものであるのか、法人格をどうするのかということを整理しておきましょう。

法人格がないと、日本の社会システムの中では事業を行うことができないといってよいのです。

確かに個人事業主や任意団体という形もありますが、それでは社会的信用は得られません。 (さらに…)

事業をどう始めるか(4) 情報

情報

NPOビジネスの創造と継続のためには、情報が大きな役割を果たします。

社会の変動が激しい現代、その動向を長期的な視点と短期的な視点でしっかり把握していかなければなりません。

激しい変化に対応できる自分自身の態度を鍛えていかなければなりません。

NPOビジネスと情報の関係でいえば、まず長期的な情報については、それが人間の歴史を『発展』させるものであるかどうかをチェックしていかなければなりません。 (さらに…)

事業をどう始めるか(3) もの

もの

『もの』についてはNPOビジネスの場合、サービスメニューやプログラムというように置き換えてもよいでしょう。

開始当初は、このプログラムはできるだけ少なくし、集中して取り組めるようしておくことです。

そして、主力プログラムの質をどのように高めていくかということにエネルギーを集中させます。 (さらに…)

事業をどう始めるか(2) 人

人

職員の配置

NPOビジネスのスタートにあたり、必ず専任の職員を配置する必要があります。当初人件費を払えない場合は、創始者本人が常勤することです。

事務所に電話があっても留守番電話になっているようではビジネスは成り立ちません。 (さらに…)

事業をどう始めるか(1) お金

お金

事業体の立ち上げと継続のために必要な要素は、人、もの、お金、情報の4つです。

最初にお金について検討しましょう。

お金はNPOビジネスの場合は第1ではありませんが必ずいるものです。

NPOビジネスは小さな資本でも成立するという特徴を持っています。

ただし、何らかの事業を展開するわけですから、企業の資本金にあたる部分は必要です。 (さらに…)

先を見通していくことの大事さ

先を見通していくことの大事さ

あらゆる事業は、それを継続し、初期の目標が達成されることが肝心です。

継続するということは、長い期間低迷状態でいるのでは意味がなく、成長・発展して目標を達成していかなければなりません。

こうして目標他一斉した段階で、事業体は初めて自らの継続に終止符を打ち、解散や他の事業体と合同をしてもよいのです。 (さらに…)

何を準備するか(3) 第1、第2、第3の顧客

第1、第2、第3の顧客

あなたの顧客は何か?

NPOビジネスを始める時、配慮しなければならないのは顧客(クライアント)の多様性です。

性格の違う顧客層があり、対応を誤ると事業が前進していきません。

企業であればサービスや商品を買ってくれる顧客だけを気にしていればいいのですが、NPOビジネスでは違います。

どうしてそのように違うのかを整理するため、NPOビジネスと一般企業で行う顧客の相違点を整理すると次のようになります。 (さらに…)

何を準備するか(2) マーケティング

マーケティング

地域の中の市場を見いだす

どのような事業をするにしてもマーケティングは不可欠です。

では、どのようにマーケティングをしていけばいいでしょうか。

NPOビジネスが成立するのは、人々が「ここに困っている人がいる」「この問題を何とか解決したい」という“思い”で集まり、行動を始めるのが一般的です。 (さらに…)

何を準備するか(1) 夢・ミッション

夢・ミッション

なぜ自分はNPOビジネスを立ち上げたいのか

NPOビジネスに興味を持つきっかけは色々あるでしょう。

親を介護してこのような苦労をしないようにしよう、子育てに困っていたからそれに対応できるサービスはできないだろうか、気楽に集まってお茶を飲むながら話せる場所が近所にあればというようなことからNPOビジネスは始まっていくのです。 (さらに…)