起業の選択肢にNPOはどうですか?

NPOは非営利団体であり、「世のため人のため」に活動します

NPOビジネスを成功させる鍵

NPOビジネス成功の秘訣(1) 『男性的』『女性的』人間同士の協力は絶対に必要

『男性的』『女性的』人間同士の協力は絶対に必要

NPOビジネスを成功させる鍵の1つは、男性と女性の協力が不可欠です。

ただし、ただ単に“性”としての男性、女性ではなく、「男性的な発想と行動」「女性的な発想と行動」を組み合わせることです。

自分の周りが同性的な発想をする人しかいない場合には、スタートを遅らせましょう。 (さらに…)

NPOビジネス成功の秘訣(2) 色んなタイプの協力体制を創る

色んなタイプの協力体制を創る

事業を成功させるには、どのような種類の人間的能力が必要でしょうか。

人は誰1人として同じ人はいません。

それぞれ長所と短所を持ち、長所を組み合わせて短所を消していくことをしていかなければなりません。

そして、肝心なのは『人は変わるが、変わらない』という法則があることです。 (さらに…)

NPOビジネス成功の秘訣(3) 少数派であることを納得してスタートすること。最終的には1人である覚悟が必要

少数派であることを納得してスタートすること。最終的には1人である覚悟が必要

事業の成功のためには、多様なタイプの人、そして多くの人の協力が必要です。

それと同時に、事業を興そうとする自分自身が極めて少数派であることを知っている、そのことに納得していることが不可欠です。

このことが分かっていないと、事業は想定した通りには進みませんから、協力が得られない場合や何かにぶつかって事業の推進が困難になった時に対応できなくなるのです。 (さらに…)

NPOビジネス成功の秘訣(4) 事業体は必ず分裂する。そこがチャンス

事業体は必ず分裂する。そこがチャンス

大勢の人に祝福されてスタートしたとしても、事業体は必ず分裂します。

これは真っ二つに分かれることもあるのですが、創業時のメンバーが1人やめ2人やめというパターン、あるいは追い出されるパターン、主要メンバーがある部門を分離・独立させてしまうパターンなど多様にあります。

したがって『分裂』は誰が見ても分かる組織の大きな亀裂だけを意味しているわけではありません。 (さらに…)

NPOビジネス成功の秘訣(5) 判断の時期を間違わない

人は、自分の人生を決めるような判断を迫られることが何度かあります。

事に事業を始めようとしている人は重大な判断を問われることが多くあるでしょう。

「判断しなければならない事項」については、ほとんどの事業者が前向きに考え、新しい課題に挑戦したいと考えています。 (さらに…)

NPOビジネス成功の秘訣(6) 個人生活との連動

個人生活との連動

NPOビジネスの活動は極めて社会的です。

そして、活動を軌道に乗せるにはたくさんのエネルギーと時間をかけなければなりません。

軌道に乗れば多くの人々の生活を支え、それによって助かる人もいるでしょう。 (さらに…)

何を準備するか(1) 夢・ミッション

夢・ミッション

なぜ自分はNPOビジネスを立ち上げたいのか

NPOビジネスに興味を持つきっかけは色々あるでしょう。

親を介護してこのような苦労をしないようにしよう、子育てに困っていたからそれに対応できるサービスはできないだろうか、気楽に集まってお茶を飲むながら話せる場所が近所にあればというようなことからNPOビジネスは始まっていくのです。 (さらに…)

何を準備するか(2) マーケティング

マーケティング

地域の中の市場を見いだす

どのような事業をするにしてもマーケティングは不可欠です。

では、どのようにマーケティングをしていけばいいでしょうか。

NPOビジネスが成立するのは、人々が「ここに困っている人がいる」「この問題を何とか解決したい」という“思い”で集まり、行動を始めるのが一般的です。 (さらに…)

何を準備するか(3) 第1、第2、第3の顧客

第1、第2、第3の顧客

あなたの顧客は何か?

NPOビジネスを始める時、配慮しなければならないのは顧客(クライアント)の多様性です。

性格の違う顧客層があり、対応を誤ると事業が前進していきません。

企業であればサービスや商品を買ってくれる顧客だけを気にしていればいいのですが、NPOビジネスでは違います。

どうしてそのように違うのかを整理するため、NPOビジネスと一般企業で行う顧客の相違点を整理すると次のようになります。 (さらに…)

先を見通していくことの大事さ

先を見通していくことの大事さ

あらゆる事業は、それを継続し、初期の目標が達成されることが肝心です。

継続するということは、長い期間低迷状態でいるのでは意味がなく、成長・発展して目標を達成していかなければなりません。

こうして目標他一斉した段階で、事業体は初めて自らの継続に終止符を打ち、解散や他の事業体と合同をしてもよいのです。 (さらに…)